彫塑・工芸

 

彫塑工芸 星野高志

彫塑工芸 星野高志

彫塑・工芸の会員は4人です。彫塑・工芸部門は平成26年度より陶芸部と合併し、1つの部門になりました。彫塑・工芸・陶芸と、いずれも緻密な手作業の創作活動により、部員各位が個性的な立体作品を生み出しています。

美術協会が主催する作品展に各部門から多くの力作が出展されています。中でも彫塑・工芸部門の作品は、他部門がパネル展示に対し、主に机上展示のため、会場の展示レイアウトに美的雰囲気を高める大きな役割を果たしています。

しかしながら、今部員の減少による出展作品の減少に危惧しております。そこで、石や木の立体彫刻やブロンズ像・色んな素材による工芸品・焼き物の器やオブジェ等、多種多彩な立体作品を出展いただけるよに、現在、立体作品の製作に取り組んでおられる方々に入会のお誘いをいたします。

そして、お互いの技術修練につなげましょう。